サービス

レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインとは、ウェブサイトにアクセスしたユーザーの環境に合わせ、レスポンシブ(ユーザーの環境に反応)に表示を最適化するデザインの事。
ユーザーの環境にレスポンシブルに反応し、表示を最適化。
タブレット、ノートPC、デスクトップPCなど、多様な端末、サイズに対応したウェブサイトを制作します。

レスポンシブデザイン対応。

私たちが管理している多数のウェブサイト。
昨今、アクセスしてくるユーザーの、半数以上がモバイル・タブレット端末となっています。
ウェブサイトは既に、スマートフォン、タブレット対応は必須と言えるのではないでしょうか。
その対応策として、1ソースで各端末に対応する弊社制作のレスポンシブデザインは更新性、コスト面から見ても、非常に高評価をいただいています。

安定したレスポンシブ表示。

例えばPCひとつとっても、2700pixel以上の大画面からノートPCまでサイズも幅広く、またタブレットも解像度は多岐にわたり、縦や横、閲覧するスタイルも様々。そんな多岐にわたる閲覧環境それぞれに最適な表示を提供するレスポンシブデザイン。
見る側にとって、非常に有益なデザインだと言えます。が、しかし、それだけ多種多様の端末には、それぞれ固有の仕様、クセもあり、安定して表示させるのは容易ではありません。
エージーワークスでは、これまで多数のレスポンシブデザインを制作し蓄積して来た経験を活用し、各端末に対応した、安定したレスポンシブデザインを作りあげます。

既存サイトへの対応。

PC用に公開しているウェブサイトはあるが、それをスマートフォンにも対応させたい。
PC用とスマートフォン用のデザインはあるが、どのように実装していいかわからない。
その様な要望にもAgWORKSはお応えします。
今まで使っていたサイトも、HTMLとCSSを分離し、最適なブレイクポイントを設定する事で、レスポンシブデザインを実装出来ます。

レスポンシブデザイン

タブレットにも見やすさを。

注目されているレスポンシブデザインですが、ただPCとスマートフォンが切り替わればよいわけではありません。
スマートフォンと同様に閲覧ユーザーが爆発的に増えている、タブレットでの閲覧を考慮したレスポンシブデザインが必要です。エージーワークスでは、PC、スマートフォンはもちろん、タブレットにも最適な表示がされるようにレスポンシブデザインを構築。また、タブレットのタテ(ポートレート)、ヨコ(ランドスケープ)それぞれに対応します。ます。

並べ替えも表示も最適化。

画面サイズの大きな、例えばデスクトップPCのユーザーにはその大きさに最適なデザインを表示し、ノートPCのような通常のサイズにはそのサイズに対応したデザインを、iPhoneやAndroidなど、スマートフォンの場合はその小さな画面サイズでも見やすく、操作しやすい様デザインします。
ただ並べ替えるだけでは無い、各表示に最適なデザインをご提案いたします。

環境に合わせた、UI,UX。

なんとなくデザインがよくて、スマートフォン、PCで表示が切り替わったとしても、例えば目的のページにナビゲートでき無い、コンバージョンが上がら無いなど、操作性が悪ければ、それは本当のレスポンシブデザインとは呼べ無いのでは無いでしょうか。
エージーワークスでは、それぞれの環境で見易く、操作しやすくなるUI,UXまで考慮したレスポンシブ・ウェブデザインを推奨しています。
このエージーワークスのウェブサイトもレスポンシブル対応。ブラウザのウィンドウサイズを変更していただくと、どのように変化するか、ご覧頂けます。

TOPへ