WEB3Dシミュレータ開発

WEB 3D simulator development

カタログや写真じゃ
伝わらないものが、
ウェブ3Dにあります。

リアルな3Dを自由に組み合わせ、SNSシェアやお気に入り登録、
見積り依頼、ギャラリー機能など。
ユーザーの新しい体験、WEB+3Dが可能にします。

WEB3Dシミュレータとは

WEBブラウザ上で体験可能なシミュレータです。
これまで専用アプリとしてインストールが必要だったリアルなシミュレータが、iPhoneやAndroid、PCから、
特殊なプラグイン、アドオンの追加もなく、体験。
イメージ差し替えのシミュレータよりさらにリアルに、直感的にシミュレーションできます。

WEB3Dシミュレータのメリット

  • 打ち合わせコストを削減できる
    商品説明やプランニングを
    シミュレータ上で行うことで
    打ち合わせに必要な人件費、
    施設運営費などのコストを削減。
  • クロージング時間を短縮できる
    顧客が自由にシミュレーションし、
    価格や組み合わせを選定する事で、
    商品の選定に関わる時間を
    大幅に短縮。
  • 見積もり労力を削減できる
    シミュレーション結果と連動した
    見積もりを自動生成。
    DBと連携し、スムーズな
    データ共有も可能。
  • 更に商品をアピール、憶えてもらえる
    リアルなシミュレーション結果で
    魅力を具体的に伝える事ができ、
    顧客に商品を組み合わせる楽しさ、
    選ぶ楽しさを提供できる。

「シミュレータを作りたい!」
そんな思いに応えたい。
まずは決めたい開発のための
3ステップ。

STEP 1何をシミュレーションするか決める

変えたい形は?変えたい素材・色は?
変えたい組み合わせは?
何を変えたい・シミュレーションしたいか決めましょう。

変えたい形は?
変えたい素材・色は?
変えたい組み合わせは?

STEP 2データを用意する

3Dデータ、CADデータと言った形状データ、
画像や見本などの画像素材データをご用意ください。
データがなくとも、イメージに合わせた制作も可能です。

3DCAD、DXF、
JPG、PNG、AI…
データの有無は?

STEP 3ゴール(コンバージョン)を決める。

このシミュレーションでどんな結果をだしたいか、
価格や納期の提示?オーダーを受け付ける?
打ち合わせの機会を得る?など、最終の目的を決めましょう。

価格の表示?
納期の表示?
出したい結果は何ですか?

さぁ、ここまで決まったら
あとは詳細をお打ち合わせ。

確定している内容から、概算のスケジュール、
費用をお見積もり。
下記よりお問い合わせください。

WEB3Dシミュレータ開発
よくある質問

開発にはどのくらいの費用・期間が必要ですか?

パーツや素材等のバリエーション、提供いただけるデータ、デザイン、機能によって変わります。
詳しくはこちらまでお問い合わせください。

結果をそのまま見積書として保存したいのですが

シミュレーション結果をPDFに変換して保存、ダウンロードできます。

シミュレーション結果は保存できますか?

保存できます。ユーザーの環境に保存する事も、データベースに保存する事も可能です。

あとからパーツや素材を増やしたり変更できますか?

自由に変更できるシステムを構築します。もちろん、変更のご依頼にも対応いたします。

ARやVRでみせたいのですが

AR、VRともに可能です。見せる方法は複数あります。詳しくはこちらまでお問い合わせください。

ユーザーがどんな組み合わせにしたか、データは取れますか?

どのパーツが選ばれたか、どう組み合わせたか、ログの取得が可能です。

WEB3Dシミュレータに適した製品・業種はありますか?

金属や木材、プラスティックなどの材質で構成された製品がシミュレータに適しています。

  • WEB3Dシミュレータの特徴

    WEB3Dシミュレータの特徴

    WEBブラウザを使用するシミュレータなので、特定のアプリをインストールする事なく、ブラウザ、端末、OSに縛られることなく閲覧が可能。各端末やOS毎の開発が不要という事で開発コストを抑えつつ、幅広いプラットフォームに対応、各種データ更新、取得も容易なコンテンツとして開発できます。

    カーモデルシミュレータをみる

  • WEB3Dシミュレータできること

    WEB3Dシミュレータできること

    「形状」「素材」「色調」をシミュレーションすることはもちろん、時間軸による変化、環境の変化をシミュレーションできます。
    AR、VRといった更に現実世界に近づけるシミュレーションにも発展可能です。また、WEBで開発する事で、シミュレーション結果や工程の共有、SNSやデータベースへの接続、マーケティング用データの取得も容易です。

    インテリアシミュレータをみる

  • WEB3Dシミュレータに適した製品・業種

    WEB3Dシミュレータに適した製品・業種

    金属や木材、プラスティックなどの材質で構成された製品で、バリエーションが豊富なもの、環境によって見え方がかわるもの、いろんな角度から見せたいもの、そして何より、画像だけでは伝わりにくいものがWEB3Dシミュレータに適していると思われます。

    制作実績を見る

BAINCOUTURE 3Dシミュレータ

WEB3Dシミュレータ:実績のご紹介

BAINCOUTURE 3Dシミュレータ

BAINCOUTUREウェブサイト用コンテンツ、BAINCOUTURE 3Dシミュレータを制作いたしました。
WEB3Dで開発しており、シミュレーション結果の見積もり依頼やSNSシェアが可能です。

WEB3D開発事例:バーチャル3Dギャラリーのご紹介

GALLERIST IIID(ギャラリスト3D)

作品を登録し、デザインを選ぶだけで、カンタンに3Dギャラリーに公開できる
「ギャラリスト3D」。ダッシュボードと呼ばれる管理画面から画像やテキストを
入力し、デザインを選ぶだけで自分だけのギャラリーができる、というサービスです。

  • WEB3D展示場

    あれ?展示会で見るもの、ほとんどここで体感できるかも?

    WEB3D展示場

    商品・サービスを、動画や3Dでご案内。
    見るもの、操作するもの、展示会で体験すること、
    実はほとんど、ウェブ上でできるかも。
    開催者にも参加者にもきっとメリット、あります。

  • WEB3Dギャラリー
    3D空間を自由に動き回りながら、展示作品の世界に没入。

    WEB3Dギャラリー開発

    シンプル&直感的操作感の
    3Dバーチャルギャラリーの構築に加え、
    運営・管理用の専用ダッシュボードをご用意。
    操作も管理もスムーズなバーチャルギャラリーを開発します。

お問い合わせはこちら
TOPへ