WEB 3D 技術研究 ウェブ・アプリ用3Dサンプルコンテンツ

カーモデル サンプルコンテンツ

WEB3Dを使用したカーモデルコンテンツです。
特別なプラグインがなくても、リアルな3Dで車の着せ替えシミュレーションや
VRコンテンツを体験出来ます。

リアル3Dカーモデルをみる

リアル3Dカーモデル

3Dモデルを標準ブラウザ上で表示できる、WEB3Dのプロトタイプ開発コンテンツです。
マウスドラッグで視点を操作でき、ボタンでカラーを変更できます。
また、レスポンシブデザインに対応、各デバイスで違和感なくご覧いただけます。
こちらでは操作例をYoutube上に掲載しています。

VRコンテンツをみる

WEB3D VR ドライブ

3必要なのは、お持ちのスマホかタブレット。
アマゾンなどで入手可能な1,000円〜2,000円程度のGoogle cardboard対応のVRゴーグルがあれば、特別なアプリなしに誰でもVR体験できます。実際のドライバーズシートに座った気分を味わってみませんか?

WEBGLとは

WEB3Dとは

WEB3D(ウェブスリーディー)はウェブブラウザで3DCGを表示させる技術。
IE11やchrome、safari、firefox、また、iPhone、Android等、主要ブラウザであれば特別なプラグインがなくても3DCGを表示可能にします。
iPhoneやAndroidアプリではないので、ウェブサイトとしてスピーディに開発、更新、改修出来ます。

WEBGLの使用イメージ

WEB3Dの使用イメージ

3Dコンピュータグラフィクスでリアルに表現できるので、
例えば購入前にカラーやオプションをシミュレーション出来る車のプロモーションサイトや、カスタマイズ可能な商品、スニーカーや家電等、また、住宅やマンションといった不動産物件のプロモーションや、大規模な地域開発のシミュレーション、e-ラーニングの教材など、活用できる場面は多岐にわたります。

エージーワークスでは、HTML5、WEB3Dに対応した3Dコンテンツを開発します。
WEB3DはIE11やchrome、safariといった一般的なモダンブラウザ環境があれば、PC、スマホ、タブレットでも再生可能。
着せ替え・カスタマイズ可能な商品、リアルなシミューレーションコンテンツを掲載したウェブサイトを制作できます。
制作のお問い合わせは下記よりご連絡ください。

TOPへ