WEB 3D 技術研究 ウェブ・アプリ用3Dサンプルコンテンツ

WEB3Dシミュレータ コンテンツ

WEB3Dとは何か?そしてWEB3Dで開発したシミュレータとはどんなものか?をご紹介しています。
WEB3DはPC、スマホのブラウザ上で動くリアルな3Dのこと。
美麗なグラフィック、操作しやすいUIは素敵なユーザー体験を与えます。
SNSシェアやマーケティングデータ取得も可能。
そんなWEB3Dで開発した3DシミュレータやVRコンテンツのデモコンテンツ、下記よりご覧ください。

  • WEB3Dシミュレータとは

    WEBブラウザ上で体験可能なシミュレータです。
    3Dにて形状、素材、色調、環境を変更して表示させられるため、これまでのイメージ差し替えのシミュレータよりさらにリアルに、シミュレーションすることが可能です。

  • WEB3Dとは

    WEBブラウザ上で3Dを表示させる技術の事。
    最近では、WEBGLという、OS上で3D表示させる機能「OpenGL」を、WEBページ上で扱えるようにしたものの事をいいます。 OpenGLは高速な2D、3D描画処理を行うことができるライブラリで、その機能をWEBブラウザ上で使用する事により、高速な描画が可能になります。

  • WEB3Dシミュレータの特徴

    WEBブラウザを使用するシミュレータなので、特定のアプリをインストールする事なく、ブラウザ、端末、OSに縛られることなく閲覧が可能。
    各端末やOS毎の開発が不要という事で開発コストを抑えつつ、幅広いプラットフォームに対応、各種データ更新、取得も容易なコンテンツとして開発が可能です。

  • WEB3Dシミュレータできること

    表現的な部分では、3Dで開発する事で、形状、素材、色調の変化をシミュレーションすることはもちろん、時間軸による変化をアニメーションで表す事や、AR、VRといった現実世界に近いシミュレーションを行う事を可能にします。
    また、WEBで開発する事で、シミュレーション結果や工程の共有、SNSやデータベースへの接続、マーケティング用データの取得も容易です。

  • 適した製品・業種

    金属や木材、プラスティックなどの材質で構成された製品で、バリエーションが豊富なもの、環境によって見え方がかわるもの、いろんな角度から見せたいもの、そして何より、画像だけでは伝わりにくいものがWEB3Dシミュレータに適していると思われます。

WEB3Dシミュレータ デモコンテンツ

リアル3Dカーモデルをみる

リアル3Dカーシミュレータ

3Dモデルを標準ブラウザ上で表示できる、WEB3Dのプロトタイプ開発コンテンツです。
マウスドラッグで視点を操作でき、ボタンでカラーを変更できます。
また、レスポンシブデザインに対応、各デバイスで違和感なくご覧いただけます。
こちらでは操作例をYoutube上に掲載しています。

VRコンテンツをみる

WEB3D VR ドライブ

3必要なのは、お持ちのスマホかタブレット。
アマゾンなどで入手可能な1,000円〜2,000円程度のGoogle cardboard対応のVRゴーグルがあれば、特別なアプリなしに誰でもVR体験できます。実際のドライバーズシートに座った気分を味わってみませんか?

エージーワークスでは、HTML5、WEB3Dに対応した3Dコンテンツを開発します。
WEB3DはIE11やchrome、safariといった一般的なモダンブラウザ環境があれば、PC、スマホ、タブレットでも再生可能。
着せ替え・カスタマイズ可能な商品、リアルなシミューレーションコンテンツを掲載したウェブサイトを制作できます。
制作のお問い合わせは下記よりご連絡ください。

TOPへ